2005年07月27日

イライラ虫(?)繁殖中?

 いつものように(?),「私,ノンちゃんのこと,嫌い!」ってわざわざ言いに来てくれた女の子。「いいよ。でも,ノンちゃんは,○○ちゃんのこと,大好き。」って言うと,彼女は「嫌いでいい。」と一言・・。「でも,ノンちゃんは好きなんやけん,しょうがないいやん!」って,ちょっと膨れて返してみた。
 すると次に,彼女は,「ノンちゃん,キモィ。」って言ってきた。「なんで?」って聞いてみると,「だって,声キモィやろ,笑ったらキモィやろ。」って素直に答えてくれた彼女。「う〜ん,声かぁ・・。」って口に出しながら,なんて言おうか考えていると,彼女は,そばにいたお友達一人一人に「ノンちゃんのこと,好き?」って聞き始めた。結果は,寂しいことに・・「嫌い!」ってポツリと言うか,首を横に振る子ばかり。あぁ・・。ヘコみかけている私に,「ほぉら。みんなノンちゃんのこと嫌いだって,ノンちゃん,ここの児童クラブやめて,どっか別の学校の児童クラブ行ってよ!」と彼女。そこまで言うかぁ・・。さすがにヘコんでしまい・・「えっ?ノンちゃん,でも,ここの児童クラブ,大好きやのに・・。」って返すのが精一杯でした。
 それからずいぶん経ってのこと。ウォンウォンウォンウォ〜ンっていうなんとも耳触りな音で,みんな一瞬混乱してしまうというハプニングがあった(スピーカーの電源がONになってしまったことが原因だった)。一件落着したころ,先の彼女がやってきて,「ウチね,ノンちゃんが喋りよんかと思ったんよ。」って恥ずかしそうに教えてくれた。いじわるで言っている風ではなかった彼女。私の声,あぁいう風に聞こえるんだったら,「キモィ」って言われても仕方ないかぁ。妙に納得させられてしまったエピソードでした。
 さて,これからどう係われば・・?「言われた方は傷つくんだから,思っていてもいいけど口に出したらダメ!」って言うこと,伝えるべき??嫌いでもキモくても,最低の挨拶くらいは交わして欲しくて,「バイバ〜イ!」とか笑顔で声かけてみるのだけど・・彼女にとってはそれが余計にムカツクようで,シカトされてしまいました。
 彼女に限らず,最近,怒り虫(?)やイライラ虫(?)がくっついている子ども達をちょこちょこ見かけます(もしかしたら私や指導員の先生方にも・・?)。この暑さのせいかな?わるい虫は,はやく退治しなくちゃネ!
posted by ノンちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 児童クラブ (2005〜2007) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

錦江台児童クラブの歴史
Excerpt: 800名の署名を集め、鹿児島市に陳情し、土地探し、指導員募集、運営委員会開催等、15年前の私の願いと、働くお母さん、お父さんの思いが形となった児童クラブ。5人の指導員と一緒に今回、運営委員会の役員を下..
Weblog: 工房てたか
Tracked: 2006-04-18 12:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。